医療現場の事務スタッフのお仕事したい方へ

病院、クリニックなど医療の現場の事務スタッフとしてお仕事したいとお考えの方におすすめの派遣会社はどこなのか?当サイトでは医療事務の資格を活かして働くことが出来る派遣求人情報を掲載している人材派遣会社をまとめています。いま派遣のお仕事を探している方にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

理解力のあるリーダー

私が仕事で尊敬するリーダーは、ありきたりですが理解力のある人です。
でも、理解力がある人が少ないのが現実です。
普段、口数が少ないリーダーでも、人がミスをした時に怒るだけではなく一緒に対策を考え、手助けしてくれるのをみると本当にすばらしいと思います。
多くの上司というものはいばってばかりで、誰かがミスをすると怒るだけで、自分に責任はないというような態度をとります。なんのための上司なのかわかりません。一緒に謝ってくれたり、一言でもアドバイスをするのが上司の務めだと思います。
もし、私がミスをした際に、リーダーが一緒に謝りにいってくれました。全て私の責任でしたが、ついてきてくれたリーダーの包容力、リーダーとしての責任感を感じ、私はもう絶対ミスはしないと決意しました。今でも、業務を行なうときは細心の注意を払い、最後まで常に確認を繰り返すようにしています。
リーダーは静かなタイプなので、あまり話すことはありませんでしたが、ミスをきっかけに私はなんでも相談するようになりました。
リーダーになる人には、みんなと話すコミュニケーション力が一番必要だと思っていましたが、やっぱり理解力が大事です。多少、コミュニケーション力が欠けていても一緒に働いていく中でみんながリーダーのすばらしさに気づき、ついていきます。
うちのチームはみんな自由にやっているようにみえますが、リーダーを中心にやることはしっかりこなすチームワークばっちりのチームです。

人任せも程度問題なのでは?

私が以前勤めていた会社の上司です。その人は親会社から出向という形で私の部署に配属されてきました。
最初は威勢のよい、さっぱりした人かと思っていました。仕事も始めのうちは訳がわからなくても仕方が無いことだとも思えましたし、そういうときは周りがみんなでフォローしていたと思います。
最初の頃は「いろいろな事を見させてもらってから僕なりのやり方をしたいと思いますから」というような事を言っていましたので、それもありなのかもと思い、そのことについても上司に任せておきました。
そんな感じで半年が過ぎ、もうそろそろ上司も仕事も覚えてきたんじゃないのかなと思っていたところ、ある役員から私の部署の業績についての細かい問い合わせがありました。
業績については毎月、その上司が会議に出て説明をしているはずなので、彼はある程度の事は把握しているはずです。
ですが、その上司は私にその業績についての説明が自分ができるようにしてくれと丸投げしてきました。
私はその時ちょうど仕事が忙しい時期だったのですが、それも気になる事でもあるので事細かに調べ、その上司が説明できるように一日かけてレクチャーし、全ての質問に答えられるようにと準備をしてあげました。それに対してその上司が私に向かって言った言葉は「ここまで出来てれば上出来!」でした。それを聞いた瞬間にものすごく腹立たしく思えてなりませんでした。仕事はすべて人任せ、業績があがれば自分の手柄、下がれば部下にすべて責任をなすりつける、面倒なことは一切しない、一所懸命するのはゴルフの動画を見ること、そういう人が一人いるだけで職場の雰囲気は悪くなっていきました。職場の人間関係で嫌なタイプはいろいろあるのでしょうが、こういう人も私の嫌いなタイプの人でした。

ブラック企業について

ブラック企業と言いますと私のイメージでは、低賃金でさらにサービス残業が多いというところがあります。雇用状況にもよりますが、本来最低賃金というのは国で定められており、時給換算していくら以下の場合、労働局から指摘指導を受けるということがありますが、企業が隠してしまえばなかなか公に出ることはありません。私の知人で、何人かブラック企業らしきところで働いている人がいますが、一人目は夜中の12時まで働いても、残業代は10時までの金額しか出ないというところがあります。企業側からすれば、予算の問題であったり、その分の人件費が出なかったり、働いている本人にやる気が見られず、ダラダラと働いているなかで残業代を出すのがもったいないなどという考えもあるのかもしれませんが、法律で定められているところの保証は最低限すべきだと思います。特にサービス残業のやりすぎで過労死になるということは最も卑劣な問題だと思います。もう一人のブラック企業では、残業はないのですが、その分基本給が安く、計算すると生活保護よりももらえる金額が少ないというところです。それでは、真面目に働く気もなくなってしまいます。昇給の規定もなく、ただただギリギリの生活費でやっていかなくてはならないのに、全く働いていない人と生活費が変わらないとなるとその状態の給与状態ではブラック企業と言わざるを得ません。近年、労働基準局をテーマにしたドラマが放送されるくらい働く環境について注目が集まっていると思われます。過労死など社会問題になるくらいですので、国の規定の最低限の保証はされるべきだと思います。

人前での発言が苦手

私が会社を辞めたいと思う時は、ミーティングや朝の朝礼などで、自分が意見を述べなくてはならない時です。
仕事は接客業なのですが、おしゃべりは大好きで普段は仕事を楽しんでいるのですが、会社の上司に自分の意見を伝える時が一番辞めたくなります。できる事なら発言をしないまま終わりたいのですが、そうゆうわけにもいかず、ミーティングまでに改善点や反省点、今の会社に足りないものなど、色々と発言をする場面が月に2回、2時間程あります。
自分の考えがあってるのかも自信がないです。
朝の朝礼では大声で発生練習。笑顔の練習。今日の目標。昨日の反省点。連絡事項。を毎朝発表します。考えるだけで出勤したくなくなります。
それと私の勤めている所は常に勉強が必要で、仕事が終わった後も毎日家で勉強しているのですが、勉強は好きで苦にはなりませんけれど、その勉強の成果を会社で1カ月に1回テストという形で、それぞれの現在の実力を試されるのです。そしてその場で答え合わせをします。
いつもプレッシャーに感じてしまいます。それに長く働けば働く程、求められるものが大きくなっていくので辛いものがあり、自分に余裕がなくなって仕事を辞めてしまいたくなります。
それに、そのテストの時にお客様勧誘の仕方も試されます。わざと上司は意地悪なお客様の役をやるので、憂鬱になります。
今私が働いてる会社は、働いてる私たちを試すような場面をよく作るので、そのたびに嫌になってます。人を試すのではなく、上司にお手本をみせてもらいたいものです。

言っていることが毎回違う人はNGだと思います。

仕事だけだと言うわけではありませんが、物を語るたびに違うことを言っている人は信用出来ませんね。
毎回毎回、反応に困っています。上司だったりすると悩みの種ですね。

どういう思考回路をしているのか、疑問に思っています。一回一回の話は筋も通っているんですけどね。
昨日いっていたことと、真逆のことを話したりします。無視出来るならいいのですが、上司や取引先では
そうもいきません。確認を入れても、前のことは覚えていない様子です。その時の気分で喋っているの
かも知れませんね。

仕事関係の周りでも何人かいます。あまり信用されていない様子です。そういう人と、チームになったりすると
どう接していいのか分かりません。また、自分が合ってるみたいな態度も、ちょっとカチンときますよね。
なんでしょうか、話を真面目に聞いているこっちが、間違っているのでしょうか。たまにそんな気分に
なります。友達の彼氏が、そのタイプだったらしく、もう口は信用しないと言っていました。もはや達観
されている彼氏です。

そのタイプは、入ってくる情報に、かなり左右されるために、毎回違うことを言うらしいです。基本的には
悪気はないみたいです。それがまた腹立たしいですね。その他に、物事を深く考えていない人もいるみたいです。
仕事を深く考えないっていうのも、ちょっとどうかと思いますが、可愛そうな人なのかも知れません。

出来れば距離を取りたい、なんて思われてしまっては、いい仕事は出来ないので、反面教師にするように
しています。気を付けたほうがいいですね。

データ入力やパソコン業務が得意な方なら

データ入力が得意なのであれば、医療事務の派遣の仕事だけにこだわらなくても良い事務処理の仕事は沢山あります。データ入力の派遣求人|入力業務に強い人材派遣会社探しのほうではデータ入力に強い派遣会社が人気順に掲載されているので比較検討するのにも良いと思いますよ(^^